建築仕様

CONSTRUCTION

デザイン

ココロが喜ぶデザイン

想いに寄り添う空間づくり


日々心地よく暮らして頂くための空間デザインを、お客様の想いに寄り添いながら作り上げていきます。
周辺環境・室内環境・家の温熱環境のバランスを考え、
そこで暮らすご家族にとっての「ちょうどいい家」を設計、デザインします。

DESIGN

設計で大切にしていること
  1. 山陰の風土にあったパッシブ設計
  2. 室温と動線のバリアフリー
  3. 限られた空間を広く広く
  4. 無垢の素材をふんだんに
  5. カフェのような寛ぎの灯り

PLANNING

日照、積雪、湿度、風、
山陰の風土にあった快適性を計画

夏は蒸し暑く、冬は雪が積もり寒さ厳しい山陰。この土地ならではの気候・風土を考慮し、自然のエネルギーを最大限に活かすパッシブ設計をしています。
現地調査で周辺環境やご近所の配置・窓の位置・交通量などを確認し、その土地の特徴をふまえ、光の入り方、風向き、積雪量などを考慮しながら、間取り、軒庇の長さ、窓の設置位置・大きさなど、決定します。

空気の流れを設計し、
温度のバリアフリーを実現

エアコンをつける時期は、リビングや浴室、2階の寝室など、家中どこにいても大きな温度差のない快適な空間になるよう、空気の流れを考えた計画換気をします。
窓を開ける時期には、室内に自然な空気の流れが生まれるように、窓の形や位置に配慮し、風のとおり道を計画します。

目線を遠くに、
限られた空間を最大限に生かす

同じサイズの部屋でも、目線の届き方で空間は広くも狭くも感じます。部屋から部屋へ、室内から屋外へ、視線を遠くに導く工夫をしています。
また、天井や建具の高さにこだわり、立体的な広がりも大切にしています。
ご家族の暮らし方を細かく聞き取り、家族専用玄関を作ったり、吹き抜けに洗濯物干しを作ったり・・・住む人にぴったりの生活動線を計画します。

無垢のやさしさ、
自然素材の心地よさを楽しむ

床材にオーク、杉、パイン、ウォールナットなど、多くの家で無垢のフローリングを採用しております。
棚やTV台、洗面台などにも無垢材を使うことで、穏やかな風合いが生まれます。
漆喰や珪藻土などを施工する時は、お客様自ら塗り体験されることもあり、ご家族の思い出にもなっています。

カフェのような灯り、
寛ぎの照明計画

ゆったり過ごす部屋、活動する部屋、それぞれの用途に応じた照明計画をします。
夜のリビングは落ち着いた雰囲気のカフェのような灯りを楽しめます。
リビングで勉強する子供達や、本を読んだり作業される方の為には、色合いを調節できる照明をご提案しています。
心地いい、ちょうどいいは生活の質を向上させます。

go to WORKS