スタッフブログ

Staff Blog

設計チームで現場見学ツアー

2020/10/30

こんにちは、設計チーム🔰のぬかちゃんです。
最近のマイブームは卓上のゆかりです。

袋タイプだと開け口のジップ部分にゆかりが挟まってしまうのがプチストレス。。。
そこで買ってみたのが卓上タイプ。
開け口が蓋になっているのでゆかりが挟まらずノンストレスです。
袋タイプより値段は高いけど、オススメです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
さて本題に入りますが、今回は設計チームで現場見学に行ったお話です。
個別に現場を見ることはあるのですが、設計チーム全員で現場を見る機会はあまりありませんでした。
そこで先日、設計ミーティングの後、そのまま現場見学ツアーに行ってきました。
ツアーってだけで何だか旅行気分になりますね♪
みんなで現場を見るといろんな発見と驚きがありました。

まず1軒目はT様邸です。
こちらの住宅は平屋が特徴です。
先日も平屋を希望されるお客様が来られていて、平屋の人気が高くなってきてますねぇ。
では早速、住宅外部から見ていきましょう。


ピンク色の外壁?
ではなく、こちらは外壁が貼られる前の下地が見えています。
どんな外観になるのか完成が楽しみです♪


この日はまだ足場があったので、屋根や庇(ひさし)などを間近に見ることができました。
板金の加工や雨水の流れていく方向など、とても参考になりました。
続いて住宅内部を見ていきましょう。


壁や天井が張られる前なので、柱や筋交い、断熱材を見ることができました。
柱や梁などがきれいに並んでいる様子が見れて、大工さんたちの技術の高さがうかがえました。


この日は床を張る準備がされていました。
商品名が桧舞台(ひのきぶたい)。
なんだろう。ネーミングがすごくかっこよく感じました。
僕も早く一人前の建築士になって桧舞台に立ちたいものです・・・。

では次に2軒目のI様邸です。
まずは住宅外部から見ていきましょう。
この日はちょうど外壁を張る作業をされていました。


職人さんが外壁をサイズに合わせて切って張っていく様子が見られました。
こちらの住宅は2階に浴室があるのが特徴です。
水回りの配管を下から見るのは初めてです。


1階から見上げるとこんな感じで給排水管が見えています。
この限られたスペースの中に水の勾配を考えて配管を通していくのは大変だなぁと感じました。
続いて住宅内部を見ていきましょう。


床の下地材に壁掛けTVという文字を発見ッ。
ここには壁掛けTVが来るんだなぁと現場で想像していました。
こうして書いてあると、わかりやすいし間違いを防げるし、注意喚起につながりますね。
他にも、点検口とか、有効開口620とか書いてあり、誰が見てもわかる工夫がされていました。


また2階にはロフトスペースがありました。
子供も大人もワクワクする空間です。
今日はこちらから失礼します。
ではまた次回お会いしましょう。

  • ぬかべん