スタッフブログ

Staff Blog

suumoの記事に

2020/8/24

こんにちは。
先日スーモジャーナルに、鳥取県と山形県が推進している県独自の省エネ基準のことが掲載されていました。

「日本の省エネ基準では健康的に過ごせない」!? 山形と鳥取が断熱性能に力を入れる理由

小田原工務店も参加している「とっとり健康省エネ住宅性能基準」が作られるに至った経緯と、現状、そして実際にその基準で暮らしている方の体験談が少し紹介されています。

体験談

実際に住んでみると「冬でも毛布1枚で眠れますし、日中はTシャツ1枚でも十分です。こたつなどの暖房器具を出す手間も減りました」

そして最後はこう結ばれています。

本当に山形県や鳥取県のいう省エネ住宅なら、健康的に快適に暮らせるのか? 長年「夏は暑い、冬は寒いのは当たり前」という意識が身に染みている人にとってみれば、「冬でもTシャツ」は本当なのか、Tシャツで「快適」と本気で思えるのか、と疑問も湧くだろうが、まずは山形県や鳥取県の省エネ基準をクリアした家の、見学会や宿泊を通して、身をもって体験してみるといいだろう。

そうなんです!実際に体験していただくのが一番!
小田原工務店では9月19日20日に完成見学会を開催します。
エアコン1~2台で家じゅう快適!な空間を体感していただけます。
ぜひぜひご予約くださいませ。
上後藤の家、完成見学会

スーモの記事を弊社代表がfacebookでシェアしたところ、10年前にお引渡ししたオーナー様がコメントを入れてくださいました。

断熱性能、真冬・真夏になるといつも大事なことだな~って感じるよ♪
今の時期なら1階より暑くなる2階の1フロア1ルーム。
中央には昇降階段の開口部がある20畳近い部屋が6畳間用のエアコン冷房ですぐ涼しくなる。
毎度のことながらスゴイなあって感じてる(´▽`)

Mさんありがとうございます!
冬のMさん宅も気持ちいいですよね~。
この後10年経ってもそう言っていただけるように、定期点検させていただきます!

 

 

Mさん宅のパオちゃんに会いに行きたいです^^トモコでした。

 

  • 体感ルームから