スタッフブログ

Staff Blog

新聞に掲載されました!

2020/1/31

昨日の朝、出張中の社長からLINEが入り、新聞にこの記事載ってた??って聞かれました。

日本海新聞の「今、未来のために」という連載に小田原工務店の「家づくりセミナー」の様子が載っていました。
この連載には「とっとりから未来の地球を思う・みんなのエコ宣言プロジェクト2019」という副題がついています。
現在鳥取県では、全県民が環境問題について考え、行動していくためのファーストアクションとして、県民からのエコ宣言を募集しています。
みんなのエコ宣言プロジェクト2019

私たち小田原工務店のエコ宣言は「断熱住宅を推進し、エネルギーロスの少ない住まいづくりを応援!」です。

鳥取県は来年度、戸建て新築住宅に欧米並みの県独自の省エネ基準「とっとり健康省エネ住宅性能基準」を設定し、高断熱で気密性能の高い住宅を促進することが決まりました。
記事の中にもありますが、急激な寒暖差、ヒートショックによる国内の年間死亡者は、交通死亡者数の約4倍に上ります。
高い省エネ性能を持つ住宅を普及させることで、県民の健康寿命を延ばし、さらに地球温暖化の要因とされるCO2排出削減に寄与しようという狙いです。

私たち小田原工務店がずっと変わらず取り組んでいる住宅の高断熱・高気密化はまさにこの想いと合致します。
お年寄りがお風呂の中で亡くなったり、ヒートショックが原因で体に不自由が残ったり、
そんなことになってほしくないのです。
また夏の暑さも酷さを増しています。
家の中で熱中症になる人も多いです。
家をきちんと断熱、気密し、適正にエアコンを使うことは、体にも地球環境にとっても有効なことだと思っています。
その為にどんな方法で家を作っていけばいいのか、私たちは日々考え実践しています。
また、地震や台風、局地的豪雨、竜巻などの災害から命を守ることについても日々考え実践しています。
実践していくことに、これで良し、これで終わりということはありません。
私たちが家づくりを続けていく限り、ずっとずっと学び続けないといけないと思っています。
なせなら、私たちを取り巻く環境はどんどん変化しているからです。

社長が私にLINEしてきたのは、10年前に建築させて頂いたお客様からその日の朝社長にLINEがあったからなんです。
記事の写真と一緒にこうコメントされていたそうです。
「10年前、御社を選択したことは正しかったということですね。今後ともよろしくお願いします。」

がんばります!トモコでした。

  • 体感ルームから