現場ブログ

Gemba Blog

大規模リフォームの家

2019/4/9

こんにちは。
昨日、おとといと風景が霞んでました。花粉とPMが舞っていたみたいですね。
そしてサクラの花びらも舞っていた2日間、米子では高校、中学校、小学校と入学式がありました。
入学の皆さんおめでとうございます!!
先ほどOB施主様から入学の写真が届いてうれしいトモコが今日はお伝えします。(りくちゃん、こうちゃんおめでとうー^^)

少し前の晴れの日、南部町のT様邸へ行ってきました。
T様邸は大規模リフォーム(リノベーションとも言いますね)の家です。
母屋の隣の離れを屋根と骨組みだけ残し、補強・改修・増築・断熱をしていきます。

ただいま外はこんな感じです。

中に入ると、このゆったりとした空間!ここはLDKになるところです。
大谷棟梁が作業をしていました。

棟梁の話によると、工事は長い年月のうちに傾いた柱を真っ直ぐに直すところから始まったそうです。
癖のついた柱を少しずつ少しずつ矯正、それと同時に、土台も真っ直ぐに直したそうです。
私などが見ても分からないような少しの傾きでも、プロは正確に測定、判断し、直すべきところはきちんと直す。そして新たに壁を作っていきます。

ここは2階の子供部屋。ここもゆったり~!

暖かく、涼しく、静かで使い勝手の良い家に生まれ変わります。

大谷棟梁にリフォームは楽しい?って聞いたら、社長と同じ答えが返ってきました。
「新築とは違った楽しさがあるよ」
新築はすでに決まった段取りがあり、それを確実に実行していくのですが、
リフォームは開けて見なければ分からないところがあるので、出てきた問題をどんな風に解決していくか、どうきちんと納めていくかを考えるのはとても面白くやりがいのあること、なんだそうです。
その話をしてくれる棟梁の顔はほんとに楽しそう!
経験を持ち、楽しく仕事をしている人なんだな~って実感しました^^

リフォームにしようか、建替えにようか、それとも違う場所で新築しようか・・・
そんな悩みをたくさんお聞きします。
これが一番という決まった答えがないのが、悩ましいところですが、
それぞれの方の状況をお聞きし、現地を調査し、どの方法がご家族にとっての一番かを一緒に考えるのが私達工務店の仕事です。
そんなお悩みをお持ちの方、どうぞ家づくりセミナーにお越しくださいね。
解決へのヒントが見つかると思います^^

 

 

体感ルームの植物に白い花が咲きました。なんかウレシイトモコでした。

 

  • リフォーム、南部町T様邸