現場ブログ

Gemba Blog

謎の数列

2019/4/4

こんにちは!
皆生で建築中のS様邸へ言ってきました。
ただいま外はこんな感じです。

室内に入ると、壁に謎の数字が!??

むむ?この数字はなに?う~ん、分からん。頭が痛い(笑)
皆さん分かりますか?
ヒントはこちら。
ただいま川崎棟梁が床をはっている途中です。

S様邸の床材は無垢のアカシア。
上の写真のように材料の長さが色々なんだそうです。
適当にはっていくと美しくないので、棟梁は長さ別に分け、キレイな組み合わせになるパターンを数列にして貼ってたんですって!
へー!、と言いながらパターンが良く分からないトモコです(笑)

完成したらどんな風になっているか、楽しみですねー!!

 

大工さんの仕事はきちんと「おさめる」事が大事なのです。
何気なく見ていた床ですが、大工さんたちはいつでも黙々と「きちんとおさめる」をやり遂げているんだなと感じました。
棟梁かっこいい~!トモコでした。

 

  • 新築、皆生S様邸