鳥取県西部の注文住宅、建築デザイン、住宅リフォーム、店舗設計は小田原工務店へ。

トップリフォーム施工例一覧>リフォームのご紹介:「古民家再生。おじいちゃんが残してくれた宝物。」」

   

おじいちゃんが残してくれた宝物。

70年も前におじいさんが建てた家。
住む人がなくなっていたこの家を
孫夫婦が受け継ぐことに決めました。
家の一部を使って、手作りパン屋さんも始めました。
この家を大切に、大切に守って、これからの百年も
家族の歴史が繋がっていきますように。

「よしぱん」店舗施工例はこちらです。

内観2

お客様にインタビュー

Q・リフォームをされていかがでしたか?
A・古民家のリフォームというと、リフォーム前をどこまで残して、どこまで新しくするか悩むところ。
 ラフなイメージを伝えたままで、小田原さんに細部はお願いしっぱなしでしたが、
 こちらのイメージを組んで頂いて、理想通りの家が完成しました。
 私、鉄鋼会社に勤めているからではありませんが、ちょっとしたところに黒皮の鋼を使って戴きました。
 柱の補強部分や階段にも。
 古民家特有の太い柱や梁に、昔ながらの漆喰塗りの白壁に、ちょっとしたアクセントの鋼がいいんです。  (ご主人様)

Q・リフォームしてみていかがでしたか?
A・古い家がもつぬくもり、優しさは、
 パンと共通するとことがあると思っています。
 それを上手に残して、あたたかいパン屋の空間を作り出してくださった小田原さんに感謝しています。
 たくさんの思い出が詰まったこの家(店)を
 主人と大切に守っていきたいです。  (奥様)
 

Before 施工前の様子

>>下の画像をクリックするとコメント付きスライドショーを見ることができます。

BEFORE〜施工前〜
BEFORE1 BEFORE2 BEFORE3 BEFORE4
家族用玄関です。
 床の位置が高い昔ながらのつくり。
玄関を入ると和室が続く
 古きよきスタイルでした。
右の障子を開けると
  表通りに面するお客様用玄関。
和室の外は縁側でした。


BEFORE5 BEFORE6 BEFORE7 BEFORE8
床の間。この部屋の
半分は店舗になりました。
懐かしいトイレ。 2階の和屋は低めの天井。 表通りにあるお客様用の玄関。
改装後は店舗の入口としてそのまま残しました。

写真一覧

>>下の画像をクリックするとコメント付きスライドショーを見ることができます。

写真1 写真2 写真3 写真4
写真5 写真6 写真7 写真8
写真9 写真10 写真11 写真12
写真13 写真14 写真15 写真16

リフォーム一覧に戻る