鳥取県西部の注文住宅、建築デザイン、住宅リフォーム、店舗設計は小田原工務店へ。

トップ健康住宅>音響熟成木材

健康住宅

健康住宅とは?@幻の漆喰A清活畳B音響熟成木材FFC免疫住宅

音響熟成木材

木造住宅で一番大事なのは素材となる木の「乾燥」方法だと言われており、
一般的には「自然乾燥」と「機械乾燥」に大きく分類されています。

「自然乾燥」は木材にとって最も良い方法ですが乾燥に時間がかかり、割高。
一方で「機械乾燥」は最も多く使われている方法で短時間に仕上げることができますが、乾燥に使う高熱で痛み、木本来の機能が失われてしまいます。

そこで両方の短所を補い、長所を備え持つよう考え、創り出されたのが「音響熟成木材」
音響熟成木材は、常温熟成庫の中でクラシック音楽を聴かせ、熟成乾燥させます。
機械乾燥のように木の細胞が破壊されず、木材の持つ油分やエキスがそのまま残ることで、保湿・保水・防菌作用を持ち合わせ、時間と共に美しいツヤも出てきます。

うづくりの床

うづくりの床「うづくり」とは木材の表面を何度もこすることで年輪の凹凸を際立たせる加工のこと。立体感のある木の風合いを目と肌で感じることができ、冬はあたたかく夏はひんやりと素足での暮らしが楽しめます。

また、表面の凹凸が足裏のツボにほどよい刺激をあたえてくれます。

音響熟成木材の5大特徴

1.常温で音響熟成するので、木材の細胞が破壊されず生き生きしている。
2.保水性が高く、梅雨時に保水し、乾燥時に水分の発散を行う。
3.調湿性能が良くなり、結露防止や防カビ対策に役立ちます。
4.保温性に優れ、体感温度が人肌に近く、一年中素足の生活が楽しめる。
5.油分が多く含まれているため、見た目も美しく、防菌作用が優れている。

これらの材料・製品は小田原工務店での施工の際にご利用になれます。
興味のある方・資料をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

カイケンコーポレーションHP